上司と合わない場合の対処法

こんにちは。

本日は、「上司がと合わない場合の対処法」

についてお伝えしていきます。

 

職場での人間関係。

大事ですよね。

 

とくに上司。

 

あなたが生き生きと働き、

最大限のパフォーマンスを発揮するために

欠かせない存在です。

 

しかし、どうしてもそりが合わない、

そもそも人として尊敬できない、

 

そんな上司に当たってしまったら、

どうしたらよいのでしょう。

 

 

色々なアプローチ方法がありますが、

 

今日は、

周りの人間関係を固めて、

上司の外堀を埋めてしまう

 

という

やり方をご紹介します。

(もちろん、上司との関係が良好な時は

ますます威力を発揮します!)

 

 

そこで質問。

 

あなたは、どんな方に「受けがいい」

または

「過去、受けが良かった」ですか?

 

「受けがいい」まで行かなくても、

どんな方だったら、

あなたに普通に接したり、

場合によっては、丁寧に教えてくれますか?

 

 

私の場合ですと、シニア層、

それも体育会系のシニア層に

なぜか好かれます。

若者ですと

技術系(理系)の方や、

文系だと法学部出身者との

 

相性は悪くありませんでした。

 

その代わり、

同期入社の若者の主流派層である

チャラ男・チャラ子とは

抜群に相性が悪かったです(笑)

 

新入社員時代は陰口を言われたり、

仲間外れにされたりと散々でしたw

 

 

しかし、捨てる神あれば拾う神ありとは

よく言ったもので、

 

かならず、

 

あなたを可愛がってくれる層

 

というのが

世の中にはいるものです。

 

 

とくに、シニア世代というのは、

ある程度人生を生きてきて、

人生の醍醐味も、

哀愁も知っています。

 

 

今まで一生懸命頑張ってきて、

今も懸命に頑張っている

あなたの姿勢を見て、

 

可愛いやつよ~

 

と思ってくださる方は

少なくありません。

 

 

あるいは、あなたと

性格、考え方、趣味が同じ・・・など、

 

出身大学や出身学部に限らず、

内面で何らかの共通項がある

若手の先輩も、

 

心強い味方になってくれることが

多いです。

 

たとえば、私は文系出身ですが、

 

性格や考え方が

「理系」に近く、

 

学生時代の友達も「理系」が多かったと

思い起こしました。

 

なので、それに気づいてからは、

 

意識して

理系の先輩と

つながりを作るように

していきました。

 

 

そして、

もし可能であれば、

 

自分が一緒にいて

ストレスまではたまらないが、

 

少し自分とは違い、

苦手なあの上司ともうまくやっている人

 

を味方につけると

とても心強いです!

 

 

そして嫌な上司に、

さりげなくその人とつながりがあることを

知らせたり、

(例:上司との話し中、

「あ、その話○○さんが言ってました!」

と言ってみるとか)

 

 

お昼ご飯を一緒に食べたりして、

その人とつながりがあるところを

見せ付け、

 

「私には手を出すな」オーラをちらつかせる(笑)

 

こういった努力の

一つ一つはチリも積もれば・・・ですが、

 

そういう、日々の味方づくりの

積み重ねが、

 

おいそれと上司にイジメられない

環境を作っていくのです。

 

 

そもそも、少しでも味方がいる、

というのは

大いに精神衛生上良いですしね!

 

 

「あなたを可愛がってくれる層を見つける」

ことで

「社内での味方を増やす」。

今日から、実践してみてくださいね。

 

 

あなたの職場環境が良くなるように、

心から応援しています!

------------ナオミの秘密---------------
日本の大手の会社で5年勤務。同僚のいじめや親の死を経験、うつ病になり、自殺しそうなところまで追い込まれるが、必死に巻き返し、上層部に認められ栄転。

元いじめられっ子で、そのサバイバルノウハウは、若手女子の会社サバイバルノウハウでもあることに気づき、若手女子の仕事のお悩み相談を始める。

パッと見はA型っぽく、きっちりしていておとなしそうに見えるらしいが、実は典型的なB型で、肉食系女子であることが判明(笑)

運動が大嫌いだが、最近体の衰えを感じヨガを始める(^^;)2016年内にヨガインストラクターの資格も取得予定。

◯ナオミのFacebookページ
https://www.facebook.com/naomi.bridge.165

☆メルマガやってます!ご登録はこちらまで↓↓
https://a01.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=596&s=1&f=1